FC2ブログ

不思議なご縁・人の輪

Ⅰ)
先般の放送後、工房に初めてお目にかかるAさんが

お越し下さいました。

Aさんは遠い昔、私が転勤し,その職場へ入れ違いに

こられた方でした。

私は残念ながら覚えていなかったのですがAさんは女性だけの

歓送迎会での私が「話した事の内容を」良く覚えておられ

恐縮した次第でした。

その日は昔話に花を咲かせました。

後日、初めてお目にかかるBさんがお見えになられ

「友人の誕生日のプレゼントに」とグラスサンドをご注文

いただきました。

後日、Aさんから「私の誕生日に夢織工房しゃんないのサンドアートを
誕生祝いにプレゼントしていただきました」とメールとお電話をいただ
きました。

お二人とも別々にお越しいただきながら「グラスサンド」で
繋がり、ご縁が出来た事に感動と感謝で一杯でした。


Ⅱ)
4年前の5月25日は人生で初めて救急車に乗る事になりました。

それからが不思議で偶然な体験をいたしました。

娘と出かけていたショッピングモール近くのY病院に搬送(自宅付近

の病院は駄目だったので)され適切な処置をしていただき、翌日はCT検査。

結果が良くなく、またまた、有名な先生が来られる自宅近くのK病院で検査。

その結果も最悪な診断でした。

そんな私に友人が、今発売のB週刊誌に「私の友人のご主人が放射線治療について

寄稿され、有明で病院長しておられる病院でのセカンドオピニョンを」と

勧めコンタクトを取ってくれました。

娘と二人で東京の有明まで行き診察と検査を受けました。

そこにも偶然がありました。担当の医師が私の町の隣町のご出身だったのです。

その頃は随分と気持ちも落ち着き、むしろ開き直っている感もありましたので

冗談交じりにお話が出来ました。

先生の診断は今までの診断と異なり「確認の意味でもペットを受けて下さい」と

言われ、京都のN病院を紹介して下さいました。

このN病院も何と不思議な事でしょう。病院長が自宅から500mも離れていない

所にご実家が有る方だったのです。

聞いてはいたけれど、まさかこんな偶然が有るなってと驚きました。

後日ペットを受けるべき京都のN病院へ行きましたが、そこでも

驚く事がありました。

ペットを受けるべく待っていましたら「○○のTさんですね」っと言ってカーテンを

開けて話しかけてこられたレントゲン技師さんがおられました。

その彼も私が30年前に勤務していた頃の知り合いでした。

ここまで人の輪があると「私は大丈夫、守られている」と思いました。

ただ、今もK病院ではかなり厳しい見解を話されていますが、3か月ごとの

検査が半年ごとになり今度は2年後の検査になりましたので私は大丈夫と

確信しています。

こんな偶然ってあるのですね。

最初の結果では今頃はもう存在しない私だった筈なのに、今の私は

常に不安な気持ちが有りますが、多分診断間違いだと信じて

くよくよしないしない、その時はその時と開き直っています。


こうして元気にブログをしています。



本当に長い長いお話を読んでいただきまして有難うございました。
皆さまもお身体ご自愛くださいませ。


line
line

line
プロフィール

夢織工房しゃんない

Author:夢織工房しゃんない
カラーサンドアート製作【夢織工房しゃんない】のブログです。
ホームページも是非ご覧になってください♪

↓ホームページはこちらから!!
http://www.yok-xiannai.jp/

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line