年賀状

整理を始めた1部屋から抜け出せずにいます(小さい部屋なのに)

本箱の様に大きいところは整理がし易いのですが。


今頭を抱え込んでいるのが引出しです。

開けた途端にコマゴマと出てきた記念バッチや楯と

年賀状の山。


年賀状は捨てられず束になって年度毎に残っています。

それも引出しに収まらずあちらこちらと置いています。


主人の生前中は呆れるくらいの枚数に

私は忙しい年の暮れに手書きで必死に書いていましたが

それも今となっては懐かしい思い出です。


私はその中で写真の賀状は今も別にしています。

長く年賀状をくださっている方々のご家族の変化に

「赤ちゃんだったお子さんがもう大学生!」「お嬢さん綺麗になって!」

「お母さんに似てきたなぁー」なんて独り言を言いながら

年賀状を楽しんでいます。




そんな中にソチオリンピック女子モーグル選手の伊藤みきさんの

ご家族の賀状がありました。


今日のニュースでみきさんが怪我で出場を取りやめられたと知り

遠くから応援していた私はとてもショックでしたが

みきさんやご両親のお心を思うと胸が痛みます。


私はご両親と職場で数年間ご一緒した事があり、主人もみきさんのお父さんと

高校のハンドボール顧問という関係でお年賀状の交換をしておりました。


その年賀状の中に2歳のみきさんがお姉さんとスキー場で背丈より長ーいストックを

しっかり握り前を見つめている年賀状を拝見して

こんなに小さい頃からスキーに親しんでこられたのかと

あらためてみきさんのスキーへの思いを知る事になりました。

それだけに残念でなりません(ただ、欠場については関係者や

皆さんそれぞれのお考えがあると思いますので、あくまでも個人の思いです)


引き出しの整理をし始めましたら楽しい事や辛かった事、至らなかった事

疎遠になった人のこと、今なら「ごめんなさい」「有難う」「気がつかずごめん」

「不義理をしていた事に気付いた事」等など。

長い年月を振り返ると一杯出てきます。それはそれでまた悩んでしまっています。



自分の性格上、あれこれ同時に出来ないので遅々として進まぬ整理を

これからもブツブツ言いながらしていきます。

ただ、気がかりなのは作品作りが出来ない事も含めて

昨年何も手がかけられなかった果樹の世話が出来ない事です。

ブルーベリーの蕾が、梨の蕾が膨らんできているのに

そちらにも気があせります。



最後までお読み下さいまして有難うございます。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

夢織工房しゃんない

Author:夢織工房しゃんない
カラーサンドアート製作【夢織工房しゃんない】のブログです。
ホームページも是非ご覧になってください♪

↓ホームページはこちらから!!
http://www.yok-xiannai.jp/

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line